朗読会リハーサル

土曜日・・・
来週開催の朗読会のリハーサルに参加した
私の原稿は…一枚・・
たった一枚だけれど・・・
でも・・読みこなして・・・
自分のものにしていくには・・・
なかなか骨が折れる・・・
読めば読むほど悩ましく深い深い世界だ・・・

他の方々の朗読を聞いた
目を閉じて…耳を澄まして・・・
じっとその世界に浸る・・・
ああ~・・
上手!すごい!
その迫力に圧倒される・・・
私もいつか・・・
あんなドロドロとした長文が読めるだろうか!
もっともっと練習して・・・
いつか挑戦したいものだ!

今週末土曜日・・・
いよいよ本番・・・
観客は40名ほどだけれど
初心者の私にとっては初めての体験だ
なんだかとってもワクワクする・・

スタイルは違うけれど
これも表現する事に違いない
私の体の中のどこかのスイッチがオンになる







[PR]
Commented by mackworld at 2017-06-14 07:28
■朗読するって、演技するのと同等のパワーがいるだすな。
棒読みすると観客が眉をひそめてるのが感じ取れるようで、なかなか厳しい作業。
 以前、洋画のアフレコを芸人の岡村隆史が抑揚のない大阪弁でやらかし優良作品がだいなしになった事がありましたな。
 観客に聞かせ料金を取る作業であれはあきまへんが、詩の朗読会なら朴訥とした普通さがかえって良い雰囲気を出せていいだすな。
Commented by obje-na-book-box at 2017-06-14 10:05
とても深い深い世界です。
どう解釈するかで、読み方も変わってきますし
何処に趣を置くかでも、その作品の持ち味が全く違うものになります。まさに、生き物ですね。
面白くて、すっかりはまってしまったようです^^
ドロドロしたのやってみたいです。
もう少し熟練が必要ですよね
でも・・・いつか・・・^^
by obje-na-book-box | 2017-06-12 10:02 | Comments(2)